IT比較実験
cman.jp cman.jp > IT比較実験 > LANケーブル種類・カテゴリーによる通信速度比較

LANケーブル種類・カテゴリーによる通信速度比較(ベンチマーク)

LANケーブルには色々な規格が存在しています。「使用中のLANケーブルの見分け方
規格によりLANケーブルの価格差には大きな違いがあるため、それぞれの転送速度の違いについて実験で測定しました。
実験は、NICまでの転送速度とHDD読み込み/書き込みまでの2つの速度で測定しています。
LAN(ネットワーク)が遅いなど、LAN環境が不安な場合はご確認ください。
実験日:2012年5月

広告

実験で使用した機器など

以下の機器を使用し実験を行いました。

LANケーブルの種類CAT5
カテゴリー5
CAT5e
カテゴリー5e
CAT6
カテゴリー6
CAT7
カテゴリー7
規格概要通信速度100Mbps1Gbps1Gbps10Gbps
適合する
イーサネット
規格
10BASAE-T
100BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10BASE-T
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T
伝送帯域100MHz100MHz250MHz600MHz
使用した製品型番エレコム
LD-CTFS2
エレコム
LD-CT
エレコム
LD-GP
エレコム
LD-GF
エレコム
LD-TWS
形式フラット丸型丸型フラット丸型
パッケージ製品写真

LANの通信速度が遅い場合は以下もご確認ください。
使用中のLANケーブルの見分け方
イーサネット規格

ページTOP

実験環境

実験はLinux系OSで実施していますが、WindowsやMacでも通信速度比率は同じです。

実験環境
ページTOP

比較実験結果

実験は以下の2パターンで実施しました。

【実験1】 ttcpを利用した転送(NIC間)速度を測定

  • ttcp(ネットワークパフォーマンスツール)を利用し、NICからNICへの転送速度を計測
  • 1GByteのデータをランダム転送で測定実施
実験回数カテゴリー5
フラット
カテゴリー5eカテゴリー6カテゴリー6
フラット
カテゴリー7
1回目89.78897.22897.87897.31897.73
2回目89.78897.73897.72897.13897.70
3回目89.78897.43897.62897.70897.73
4回目89.79897.68897.75897.74897.71
5回目89.79897.70897.73897.75897.72
平均
(Mbps)
89.78897.55897.74897.53897.72
差異他に比べ
約90%遅い
違いは誤差の範囲

【実験2】 ftpによるHDD読み込み/書き込みまでの速度を測定

  • FTPコマンドで1Gbyteのバイナリーデータを転送しすることで、HDDからHDDまでの速度を計測
  • FTPログの転送時間(秒単位)より転送速度を算出
実験回数カテゴリー5
フラット
カテゴリー5eカテゴリー6カテゴリー6
フラット
カテゴリー7
1回目転送時間9852525153
転送速度83.59157.54157.54160.63154.57
2回目転送時間9553525252
転送速度86.23154.57157.54157.54157.54
3回目転送時間9651535352
転送速度85.33160.63154.57154.57157.54
4回目転送時間9552535352
転送速度86.23157.54154.57154.57157.54
5回目転送時間9752525152
転送速度84.45157.54157.54160.63157.54
平均転送時間
(秒)
96.252.052.452.052.2
転送速度
(Mbps)
85.17157.56156.35157.59156.94
差異他と比べ
約46%遅い
違いは誤差の範囲
ページTOP

評価

あくまでも実験を行った環境での評価となります。
組み合わせなどの環境によっては結果が異なる場合がありますのでご注意ください。

現在のパソコンやPCサーバの多くは1000Base-TのNIC(ネットワークカード)が利用されています。
使用中のNIC(ネットワークカード)の見分け方
1000Base-TのNIC(ネットワークカード)のパソコンやサーバ環境でカテゴリー5(CAT5)のLANケーブルを使用していると、ネットワーク速度が大きく低下します。
使用中のLANケーブルの見分け方

CAT5e, CAT6, CAT7のLANケーブルによる速度の違いは誤差の範囲ですが、同一LANの利用者が多い場合は、上位カテゴリのLANケーブルに交換することでネットワーク速度が改善する可能性があります。
また、ノイズが多く発生する場所でLANの速度が安定しない場合は、CAT7も有効となる可能性もあります。

パソコンやサーバのスペック・速度(メモリ速度、CPU能力)などにより通信が遅く感じることがあります。この場合、LAN環境を強化してもネットワーク速度が上がらない事がありますので、使用している環境を確認のうえ使用するLANケーブルを決定ください。

LANの通信速度が遅い場合は以下もご確認ください。
使用中のLANケーブルの見分け方
イーサネット規格

通販で実勢価格を確認
LANケーブル amazon Cat5e Cat6 Cat7
楽天 Cat5e Cat6 Cat7
ページTOP
広告
QrCode
このページのURL
スマートフォン・タブレット運営:株式会社シーマン