IT比較実験
cman.jp cman.jp > IT比較実験 > 無線LAN,USB無線LAN,有線LANの通信速度比較
広告

無線LANは遅いの?USB無線LAN,有線LANの通信速度比較実験(ベンチマーク)

「無線LANは有線LANよりどの程度遅いのか?」「USBを利用した無線LANはさらに遅いのか?」実際にノートパソコンを使用し通信速度を計測しました。
実験日:2012年7月

広告

実験で使用した機器など

以下の機器を使用し実験を行いました。

PC本体付属無線LAN (子機)Intel WiFi Link 5100 AGN
有線LANIntel 82567LM
USB無線LAN (子機)BUFFALO AirStation N150 (WLI-UC-GNM2)
(実験時点で現行モデル)
無線LAN親機NEC Aterm WR8150N
(実験時点で3年前の旧モデル)
BUFFALO AirStation Nfiniti (WHR-G301N)
(実験時点で現行モデル)
ページTOP

実験環境

有線LANケーブルはカテゴリー6を使用
ノートPCから無線LAN親機までは1mとしています。

ページTOP

比較実験結果

実験は以下の2パターンで実施しました。

実験1】 Windowsファイルコピーによる速度を測定

  • COPYコマンドを使用し1GByteのバイナリデータをパソコン間でコピー
  • コピー対象のデータ(1GB)はコピー元のHDDに格納されており、コピー先はダミー書きこみ("null":書き込みなし)で実施
  • コピー実測時間(1/100秒単位)より転送速度を算出(5回実施して、中間の3つの値を使用)
  • 無線LAN親機は2種類を使用した平均を使用
実験
回数
時間/速度ノートPC本体内臓の
有線LAN
ノートPC本体内臓の
無線LAN
USB無線LAN
1転送時間23秒324分27秒264分45秒39
転送速度351.29Mbps30.65Mbps28.71Mbps
2転送時間23秒424分21秒005分03秒16
転送速度349.79Mbps31.39Mbps27.02Mbps
3転送時間25秒014分22秒834分32秒70
転送速度327.55Mbps31.17Mbps30.04Mbps
平均転送時間23秒924分23秒704分46秒93
転送速度342.52Mbps31.07Mbps28.55Mbps
転送速度の差-有線LANに比べ
90.9%ダウン
有線LANに比べ
91.7%ダウン

【実験2】 無線LANを使用したインターネットまでの通信速度を測定

  • インターネットの回線速度計測サイトを利用し通信速度を計測
  • 2か所のサイトを使用し、それぞれ7回測定し中間の5つの値を平均で掲載
  • インターネット回線はBフレッツ(100Mbps)を使用
  • 無線LAN親機は2種類を使用した平均を使用
実験回数ノートPC本体内臓の
有線LAN
ノートPC本体内臓の
無線LAN
USB無線LAN
121.84Mbps16.32Mbps17.31Mbps
222.97Mbps20.21Mbps17.23Mbps
324.08Mbps17.01Mbps17.63Mbps
421.99Mbps18.75Mbps16.10Mbps
519.61Mbps18.65Mbps16.43Mbps
平均22.10Mbps18.19Mbps16.94Mbps
通信速度の差-有線LANに比べ
17.7%ダウン
有線LANに比べ
23.3%ダウン
ページTOP

評価

あくまでも実験を行った環境での評価となります。
組み合わせなどの環境によっては結果が異なる場合がありますのでご注意ください。

内部LANの場合
Windowsのコピーなど内部LANでデータの移送(共有)を行う場合は、有線LANにした方が通信速度・転送速度は大幅に改善できる可能性が高い結果となっています。
インタネットを利用する場合
インターネットについては、利用環境により無線LANでも有線LANでも大きな違いが発生していません。
実験で使用したインターネット回線はBフレッツで100Mbpsですが、回線速度サイトで実測すると20Mbps程度でした。
インタネットを利用している環境にもよりますが、インターネットの有効回線速度は低い傾向にあり、無線LANを利用しても問題ないと考えられます。
【注意】
特に無線LANは使用している環境(機器や距離、障害物など)により通信速度に大きな違いが発生する場合があります。
インターネットを中心とした利用であっても有線LANの方が、通信速度が大幅に改善する可能性があります。
ページTOP
広告

株式会社シーマン